任意売却と競売

住宅を購入するには一千万円近いお金が必要になり、新築の場合には二千万円以上のお金が必要とされます。
そのため、殆どの人は年収の数倍、または十倍以上にも達するため、銀行などの住宅ローンを利用して住宅を購入することになります。
住宅ローンは審査を受け、それに通ることで利用が可能ですが、社会情勢や自然災害などによりそのローンが支払えなくなる場合もあります。
その結果、住宅および土地の不動産を売却し手放すことになります。
しかし、ローンを返済中は抵当権が設定されているため、勝手に売却することができません。
そのため銀行など住宅ローンを借りている会社などに許可を得て売却することになります。
これが任意売却になります。
一方でローンの支払いをしないまま放置すると銀行などが強制的に売却する競売という方法が取られます。
競売は裁判所が行うため、市場価格の7割りから8割り程度と低いため、多くの住宅ローンが残る可能性があります。

債務を削減

任意売却を行うと市場価格に近い価格で売却することが可能ですが、ほとんどの場合によってはローンの残高が残ります。
競売を行った時も同様ですが、その残る金額を圧縮できるので債務を削減することが可能です。
残ったローンは不良債権として債権回収会社に売却され、返済する必要があります。
ただし残ったローンの全額を支払うということは稀で債権回収会社と協議して2、3割り程度の和解金を支払って和解するのが一般的です。
またローンを残さないようにするためには、住宅ローンを組むさいに全額をローンで補うのではなく、2割り程度の頭金を入れることで、ローン残高に対して住宅の評価額が上回るようにすることができ、売却時にローンが残らないようにすることができます。

任意売却

任意売却といっても、個人が行うのには不動産の知識などの問題があり上手く行きません。
そのため弁護士や司法書士または専門に売却を行っている不動産会社に依頼して行うのが一般的です。
特に抵当権の問題で簡単には売却できないため、住宅ローンの融資側と交渉する必要があり、その点ではこれらの問題を専門に行っている弁護士に依頼するのが無難です。
ただし、無料でやってくれるわけではなくそれなりの費用を支払う必要があります。
弁護士や司法書士の場合には、平均で20万円から60万円ほどの費用が掛かり、さらに成功報酬として売却金額の1%から3%が請求されます。
一方で専門業者の場合には、6万円ほどで成約価格の3%が請求されます。
ただし、専門業者の場合には悪徳業者もあるため注意が必要です。

オススメリンク

任意売却を札幌で行うならこちらのサイトをご覧ください!:任意売却の安心サポート業者Navi【札幌】

返済が困難

マンションや一戸建てなどの住宅を購入する場合、大半の人は住宅ローンを利用して資金を調達し、購入後は毎月決められた額を返済していくことになります。
ところが、離職や収入の減少など何らかの経済事情の変化により、時としてローンの返済が困難になってしまう…Read more

メリット

任意売却を利用することのメリットは、まず第一に売却価格が高くなるということです。
競売を行う場合、一般的には取得価格の60~70パーセントを基準価格とし、そこからさらに10パーセント程度低い価格を最低落札価格に設定します。
そのため、場合…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最新の投稿